こんにちは(株)八建築工房です



今週は雨が多くパッとしない週になっておりますが。。。☔



ウチの娘ちゃんの空手の大会で、

7月は愛媛県へ✈ 8月は宮崎県へ✈と応援に行って参りました(^O^)



その様子をご紹介させて頂きます(●^o^●)



まずは、街並みにおどろきです👀



さすが南国です🌴






宮崎駅前の商店街なのですが、、道路の真ん中にこんなに大きな木が🌴

こちらの木はヤシの木のように見えますが

宮崎県の県の木のフェニックスという木で

病害虫に強く寿命がないことからフェニックス(不死鳥)と

名付けられたそうです





宮崎駅前にはこちらの看板がありました

宮崎の神話 【 ひむか神話 】です



かつて混沌としていた天地がようやく開けはじめたころ、
天上界の高天原(たかまがはら)に、天御中主神(アメノナカヌシノカミ)をはじめとする

五神が現れ、続いて神代七代と呼ばれる神々が誕生しました

その最後に、男神・伊邪那岐命(イザナギノミコト)と女神・伊邪那美命(イザナミノミコト)という

一対の神が生まれ、彼らは天の浮橋に立ち、混沌のナカを矛をおろしてかき混ぜた。

そして引き上げた矛の先からしたたり落ちて固まったのが日本列島、別名

大八島国(おおやしまぐに)である。

彼らは山の神や海の神など、多くのかみをも産んだ

しかし、最後に火の神である加具士命(カグツチノミコト)を生んだために

伊邪那美命は焼け死んでしまう

悲しんだ伊邪那岐命は、我が子を切って捨ててしまう

切られた加具士命は三つの石と化し、切った剣は十握剣(とつかつるぎ)となった

この剣はその後霧島山の土砂に埋まり所在が分からなくなったが、一羽の鳩が橘の木の上を

施回するのに気付いた修行僧が木の下を掘ると、一点の曇りもない剣が土中の石鞘の中から現れたという

失意の伊邪那岐命は、彼女を追って黄泉(よみ)の国へ行く。しかしそこで見たものは

変わり果てた妻の姿であった。逃げ出した伊邪那岐命は日向のくにへ降り立ち身を清める。

古事記の記述によると「筑紫の日向の橋の小戸阿波岐原に到り座して、禊ぎ祓ひたまひき」

とある。この場所こそが、現在の宮崎県の一つ場海岸と言われ宮崎市市民の森には禊ぎ池(みそぎいけ)がある

と、長くなってしまいましたが

ひむか神話はまだまだ続きがあります

是非、ひむか神話で検索してみて下さい(´▽`*)








宮崎といえば ≪ チキン南蛮 ≫

こちらの おぐら さんは有名で、この日も30分くらい並びました








有名なおぐらのチキン南蛮です☝

想像していたのと違い、サクサクでは無く、

チキンがタレに浸してありしっとりで、その上に特製タルタルソースがたっぷり

とても美味しかったです

お店の外観も内装も昭和の雰囲気を漂わせておりましたが、店員さんも昭和感のある

あたたかい方々でした(*^^*)







こちらが大会会場です







空手は、東京オリンピックの正式種目に決定してから、テレビで見ることも多くなりましたよね

左から二番目の方は、空手界のきゃりーぱみゅぱみゅこと、植草歩選手です

2020年の東京オリンピック、楽しみですね(^o^)/









こちらが、宮崎県庁

東国原英夫さんが毎日いたんですよね(笑)







県庁内の植物も凄いです🌳











最終日は飛行機の時間まで沢山観光しました



こちらは、宮崎神宮です












次は、青島神社です











神社までは、このような不思議な海岸で繋がっています







日南サンメッセです

こちらのモアイ像は、世界唯一イースター島の許可を得ているのです🗿








モアイ像はイースター島では守り神です

こちらのモアイ像は、震度9の地震や風速60ⅿの台風にも耐えられるそうなんです



この7体のモアイにはそれぞれ意味があります

海に向かって左側から順に、1仕事運 2健康運 3恋愛運

4全体運(夢が叶う) 5結婚運 6金運 7学力運 だそうです。







こちらも気になりますよね〜〜

ヴィヴィアン像という名前です

7体のカラフルな像は、モアイ像の数と同じで

サングラスをかけスーツを着ています

モアイ像と向き合う位置にあるそうです



園内には他にも色んなアート作品がありました






最後は、鵜戸神宮です







海のそばにあり、神社までは車1台通るのがやっとでした🚙






岩と一体化している幻想的な神社です







鳥居をくぐると。。。







「 ウド 」 は、空(うつ)、洞(うろ)に通じる呼称で

内部が空洞になった場所を意味し、祭神名「鵜」を意味するのに因んで

「鵜戸」の字を充てているそうです







絶壁からは、運玉投げが出来ます

投げ石5個で100円







私は一つも縄の中に入られなかったですが

娘は5個中2個も成功しました〜\(^_^)/



今日さ長文の投稿となりました…
お付き合い頂きありがとうございました💦



奥の深い宮崎県の旅でした〜〜



また行きたいなぁ〜。。。



明日も☔。。。(´;ω;`)ウッ…



雨にも負けず、元気に生きましょう〜〜〜\(^o^)/



関連する記事
コメント
コメントする